広島・浅井樹氏が広島県女子野球アンバサダーに就任 カープと連携して普及活動

元広島・浅井樹氏(左)と元女子プロ野球選手・野々村聡子氏【写真:広島東洋カープ、本人提供】

元広島・浅井樹氏(左)と元女子プロ野球選手・野々村聡子氏【写真:広島東洋カープ、本人提供】

元女子プロ野球の野々村聡子さんとともに29日に任命式

 一般社団法人全日本女子野球連盟はプロ野球・広島と広島県及び、中・四国地域における、女子野球普及振興活動において連携を行っていくと発表。その活動の一環として、女子野球アンバサダーに広島で選手、コーチとして活躍した左の強打者・浅井樹氏と元女子プロ野球でプレーした野々村聡子さんを任命したことも併せて、発表した。

 同連盟は、昨年12月に、広島県廿日市市と、三次市を女子野球タウンのひとつとして認定。広島県が「好きじゃけん 女子野球 広島県!」 を掲げ、県をあげて女子野球をサポートしている。2人のアンバサダーは女子野球タウンに認定された広島県内2都市で行われる女子野球の活動サポートや、広島県および中・四国地区在住女子チームの技術指導、野球教室をはじめ、女子野球を通じて女性が輝く街づくりをテーマに講演や広報など様々な活動などを行っていく。29日の広島-DeNA戦前に任命式を行う。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す