「もはや暴力的」「人間の投げる球ちゃうて」同僚タジタジ…中日160キロ守護神の剛球

中日のライデル・マルティネス【写真:小西亮】

中日のライデル・マルティネス【写真:小西亮】

1軍合流が待たれるR・マルティネスが「エグい球投げとる!」

 中日の守護神として期待されるライデル・マルティネス投手は、今季も変わらず頼もしい姿を見せてくれそうだ。球団公式ツイッターは、ナゴヤ球場のマウンドから投球する最速160キロ助っ人の様子を動画で公開。打席に立った同僚野手もタジタジの剛速球に「ライデルの球は、もはや暴力的」「人間の投げる球ちゃうて」と驚きの声が上がっている。

 2月下旬に来日し、現在は2軍で調整中のR・マルティネス。1軍昇格はすぐ目の前のようで、球団公式は「爆速体験を!ドーゾ!」とのメッセージを添えて動画を投稿した。将来の大砲候補として期待される石垣を右打席に立たせての投球で、自慢の速球で内角をえぐる様子も切り取られている。

 現在1軍では祖父江が“代役守護神”を務める中、昨季21セーブ、7ホールドを挙げた右腕の合流が待ち望まれている。ファンからも期待の声とともに「こんなん打てんやん笑笑」「当たり前だけど瞬き出来ないよね」「エグい球投げとる!」と改めて衝撃のコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す