阪神、「甲子園の土」キーホルダーを高3球児へ配布へ 矢野監督らチームが考案

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

阪神・矢野燿大監督【写真:荒川祐史】

甲子園の土の一部は矢野監督、選手らチーム関係者がグラウンドから集める

 阪神は8日、本拠地とする甲子園球場と共に日本高等学校野球連盟に加盟する野球部の3年生全部員を対象に、「甲子園の土」キーホルダーの贈呈を行うと発表した。

 この企画は、阪神の矢野燿大監督をはじめとしたコーチ・選手たちの「高校球児のために何かできることはないか」という声の中から実現した企画。「甲子園の土」入りのオリジナルキーホルダーで、甲子園の土の一部は矢野監督やコーチ、選手や阪神甲子園球場、阪神園芸、阪神の球団職員らが直接グラウンドから集めるという。

「甲子園の土」キーホルダーは現在生産中。8月下旬頃を目途に順次、対象の学校へ直接配送する予定だ。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す