鷹期待の6年目・栗原がスタメンアピール弾! シート打撃で3安打「ガツガツいく」

PayPayドームで練習に臨んだソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

PayPayドームで練習に臨んだソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

「スタメンを取るには、まだまだアピールが足りない」

 ソフトバンクの栗原陵矢捕手が24日、本拠地PayPayドームで行われたシート打撃で豪快な本塁打を含む3安打を放った。練習終了後にはオンライン会見に対応。「手応えは良かったですね。反対方向にヒットが出ているので状態は良いと思います」と振り返った。

 工藤公康監督ら首脳陣が見守る中、栗原はヒット、二塁打、本塁打の3安打で持ち味の打撃力を見せつけた。あと三塁打で“サイクル安打”となる猛アピール。工藤監督からは「試合で打てよ」という冷やかしも受けたが、見えつつあるシーズン開幕に向けて最高のアピールとなったようだ。

 ライトスタンドへの本塁打よりも1打席目、2打席目の左方向への安打を満足気に振り返っていた栗原。この日は加治屋蓮松田遼馬笠谷俊介の3投手と対戦し「(捕手として)ブルペンに入っている分、投手の球の速さは見せてもらっている」と、生きた球への好反応の要因を明かした。
 
 また投手との合同練習が始まったことで「ブルペンで受けることで投手ともいろんな話ができてコミュニケーションが取れている」と捕手としてのやりがいも増した。一方で「試合勘はまだまだ。(捕手というポジションは)試合ではいろいろなことが起きるので、それに対応できるにようにやっていかないと」と気を引き締めている。

 この日のような打撃力を生かすため、捕手以外のポジションでの出場もしっかりと視野に入れている。「スタメンを取るには、まだまだアピールが足りない。自分で満足できるシーズンにしたいので、まだシーズンが何試合になるのかわからないが、100試合出場を目指していきたい。確約されたポジションはないので、他の人よりもガツガツいくだけです」と、6年目の若鷹は目を輝かせていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

ジャンルで探す