巨人初の「ブルペンデー」、先発・澤村が3回まで完璧投球、150キロのフォークも…

巨人が広島戦で「ブルペンデー」を初めて採用

巨人が広島戦で「ブルペンデー」を初めて採用

西川は148キロのフォーク、鈴木は150キロのフォークで空振り三振

■巨人 – 広島(14日・東京ドーム)

 巨人は14日、東京ドームでの広島戦で「ブルペンデー」を初めて採用し、澤村拓一投手が先発。3回まで打者9人を完璧に抑える快投を見せ、マウンドを降りた。

 今季2度目の先発となった澤村は先頭の西川を1ボール2ストライクと追い込むと148キロのフォークで空振り三振。菊池涼は153キロの直球で1ストライクとすると、138キロのスライダーで遊邪飛に仕留めた。

 さらに、セ・リーグ打率トップの鈴木にはフルカウントから6球目の150キロのフォークで空振り三振。3者凡退の快投を見せた。

 2回もマウンドに上がった澤村は、松山を1ボール2ストライクから154キロの直球で空振り三振。長野は152キロの直球で三ゴロに打ち取ると、メヒアは追い込んでから155キロの直球で空振り三振。2回まで6打者連続凡退に仕留めた。

 澤村は3回も続投し、小園は150キロの直球で左飛、石原は147キロのフォークで空振り三振、ピッチャーのジョンソンは151キロの直球で空振り三振。その裏に代打を送られて降板し、4回からは高木が2番手でマウンドに上がった。巨人は優勝へのマジックを「6」としている。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す