広島、直接対決制し2位浮上 大瀬良が完投で3年連続2桁10勝、DeNAは5連敗…

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

西川が決勝打&安部が6号で追加点、DeNAは打線が抑え込まれ3位転落

■広島 4-2 DeNA(16日・横浜)

 広島は16日、敵地DeNA戦に4-2で勝利。上位同士の直接対決を制し、2位に浮上した。先発の大瀬良が9回5安打2失点4奪三振で今季6度目の完投。3年連続2桁勝利となる10勝目(6敗)を挙げた。打線は同点の5回に西川が勝ち越し打を放つと、6回には安部が特大の6号ソロを放ち、突き放した。

 広島は2回、1死一、三塁で安部の一ゴロの間にDeNA先発・井納から1点を先制。3回には西川の12号ソロで2点目を奪った。しかし、4回に大瀬良が2死二、三塁のピンチで戸柱にセンターへの2点タイムリーを浴び、同点に追いつかれる。

 それでも、5回には1死二塁で西川が中前に運ぶ勝ち越しタイムリー。6回には安部が2番手・武藤から右翼スタンド上段に運ぶソロ弾を放ち、貴重な追加点を奪った。

 大瀬良は6回、2死から柴田に右前打を許すも、戸柱は左飛。7、8回は3者凡退に抑える。9回も続投し、最後までマウンドに立ち続けて10勝目。エースの“貫禄”を見せつける投球で、チームを2位浮上に導いた。

 DeNAは打線が大瀬良に抑え込まれて5連敗。広島に抜かれ、3位に転落した。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す