【MLB】ダル好投がフイ、カブスが球団初の“珍敗戦” 先発が7回無四球零封10K超なのに…

敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュはカブスで初の4試合連続「8奪三振以上&無四球」を達成

■フィリーズ 7-5 カブス(日本時間16日・フィラデルフィア)

 15日(日本時間16日)の敵地フィリーズ戦で7回4安打無失点と好投したカブスのダルビッシュ有投手。7回まで毎回奪三振となる10個の三振を奪い、強打のフィリーズ打線をねじ伏せた。7回5点リードで降板し、5勝目の権利を持って降板したが、カブスは9回に救援陣が崩れて壮絶なサヨナラ負け。ダルビッシュの5勝目は消滅した。

 初回を無失点に切り抜けて立ち上がったダルビッシュ。3回2死二塁の場面では、昨オフにフィリーズとメジャー史上最高額となる13年総額3億3000万ドル(約346億円)の大型契約を結んだハーパーを3球三振。4回には先頭のリアルミュートに二塁打を浴びたが、後続を封じて得点を与えなかった。

 5回1死一、二塁の窮地も、味方の好守にも救われて無失点。6回にはハーパーを、2打席連続の空振り三振に抑え、7回4安打無失点に封じた。この日も好投したダルビッシュ。2つの死球を与えたものの、与四球はゼロとなり、これで4試合連続の無四球投球。4試合連続で「8奪三振以上&無四球」を達成したカブス史上初の投手となった。

 また、9回に登板したホランドがハーパーに逆転サヨナラ満塁弾を浴びてチームが敗戦したことで、カブスは球団史上初となる珍しい敗戦を喫したという。ESPNのジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで、データ専門会社「エライアス・スポーツ・ビューロー」のデータを引用し「エライアス(のデータ)より:1893年にマウンドが現在の距離となって以降、先発投手が7回以上、無四球、無失点、10奪三振以上して、カブスが負けたのは今夜が史上初めてだった」とレポートしていた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す