阪神岩田、3回8安打9失点の大炎上KO 初回ゲレーロに満弾、3回に炭谷に2ラン浴びる

阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】

阪神・岩田稔【写真:荒川祐史】

初回に味方打線が幸先よく1点を奪ったが…

■巨人 – 阪神(28日・東京ドーム)

 阪神の岩田稔投手が28日、敵地での巨人戦に先発。初回にゲレーロに満塁ホームラン、3回には炭谷に2ランを浴びるなど3回8安打9失点で降板となった。

 阪神は初回に近本の三塁打、糸原の犠飛で幸先よく1点を奪ったが先発の岩田が序盤に大量失点。

 先頭の若林に遊撃内野安打、山本の犠打で1死二塁のピンチを背負うと丸の右前タイムリーを浴び同点に追いつかれる。さらに坂本勇、亀井の連打で満塁となると岡本に押し出し四球、続くゲレーロにはバックスクリーンへ満塁ホームランを浴び6点目。2死三塁からは若林にこの日2本目の安打となる中前適時打を浴びこの回一挙7点を失った。

 5点を追う2回は先頭の丸に四球、続く坂本勇に中前打を浴び無死一、二塁のピンチを背負ったが亀井を一直、岡本を遊ゴロ併殺に仕留め無失点。だが、3回は無死一塁から炭谷に左翼席へ2ランを浴び9点目を失った。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す