中日堂上、自己新7号3ラン ヤクルト高梨は“お得意様”今季4安打で4本塁打

中日・堂上直倫【写真:荒川祐史】

中日・堂上直倫【写真:荒川祐史】

初回の第1打席でバックスクリーン左への3ランを放つ

■中日 – ヤクルト(7日・ナゴヤドーム)

 中日の堂上直倫内野手が“お得意様”から、また本塁打を放った。7日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。「6番・二塁」でスタメン起用された堂上は初回、中堅バックスクリーン左へ飛び込む7号3ランを放った。

 1点を先制されて迎えた初回の攻撃。ビシエドの2点適時二塁打で逆転に成功した中日はなおも1死一、三塁で堂上が打席に立った。1ボール1ストライクからの3球目、ヤクルト先発の高梨が投じた146キロの真っ直ぐを弾き返すと、打球はバックスクリーン左へ。リードを広げる7号3ランとなった。

 対高梨で今季圧倒的な相性の良さを誇る堂上。この試合まで7打数3安打、打率.429としており、3安打全てがホームラン。これが今季4安打目となったが、またホームランで4安打4本塁打と驚異的な相性の良さとなっている。堂上は今季7号。シーズン7本塁打はキャリアハイとなった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す