ロッテ井口監督、ドラ3小島に及第点も同点後の失点に注文 「粘って欲しかった」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

ドラ3小島は6回4失点で2敗目、味方打線が5回に同点に追いつくもその裏に逆転を許す

■オリックス 4-2 ロッテ(4日・京セラドーム)

 ロッテは4日、敵地・京セラドームで行われたオリックス戦を2-4で敗れ、カード負け越しとなった。ドラフト3位ルーキー小島が6回4失点で2敗目。試合後、井口監督は「イニングは投げてくれた」と及第点をつけた。

 プロ入り2度目の先発となったルーキー左腕・小島が、初回に吉田正の適時打、2回に西村の今季1号ソロで2点を失ったものの、前回の反省を活かし、ストライクゾーンで勝負する投球で4回まで、その2失点に抑える粘りの投球を見せたが、同点に追いついた5回に2失点と逆転を許した。

 試合後井口監督は先発の小島について「しっかりイニングは投げてくれた」と、投球内容全体は及第点を与えたものの「得点を取った後に打たれてしまったので、あそこは粘って欲しかった」と、粘投が勝利につながらなかったことを残念がっていた。

 最下位オリックスとのゲーム差は1.5。オールスター前最後の9連戦、負け越しスタートとなったが、5日から始まるホーム6連戦で巻き返しを図る。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

ジャンルで探す