広島が怒涛の8連勝で借金完済、DeNAは泥沼の9連敗…27日のセ・リーグは?

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

中日は連敗3でストップ、巨人はメルセデス3勝目&野上が初セーブ

 セ・リーグは27日、各地で3試合が行われ、広島、中日、巨人が勝利した。広島は怒涛の8連勝で借金を完済。一方、DeNAは泥沼の9連敗を喫した。

 広島はヤクルトに2-0で勝利。先発の床田がヤクルトのエース小川に投げ勝ち、7回無失点の快投で4勝目(1敗)を挙げた。打線は6回に長野のタイムリーで先制すると、9回には會澤のタイムリーで貴重な追加点を奪取。3安打の菊池はプロ野球史上295人目の通算1000安打を達成した。ヤクルトは小川が8回1失点と力投も、打線が援護できなかった。

 中日は阪神に5-4で競り勝ち、連敗を「3」で止めた。先発予定だった笠原が急遽登板回避となる緊急事態。マウンドに上がった佐藤優は初回に3失点を喫した。しかし、打線は4回に大島のタイムリー、ビシエドの3ランで一気に逆転。5回にも阿部の適時内野安打で1点を加えた。投手陣は佐藤優が3回まで投げると、又吉が3回パーフェクトの快投。計6投手でつなぎ、勝利をもぎ取った。又吉が今季初勝利。阪神は西が6回5失点と踏ん張れず。打線も2回以降は4安打に終わった。

 巨人はDeNAに5-4で勝利。2回に8番・山本のタイムリーで先制。4回にも7番・大城、8番・山本と下位打線で2点を奪い、さらに相手のエラーもあって一挙4得点と突き放した。先発メルセデスはソトのソロ弾、大和の適時打で2点を失うも、7回途中まで投げきり3勝目(1敗)。9回は野上が2点を失いながらリードを守り、今季初セーブを挙げた。DeNAは泥沼の9連敗。先発・井納が4回途中5失点(自責3)でKOされると、打線は9回に筒香の2点タイムリーで1点差に迫りながら、追いつくことはできなかった。借金6で最下位に沈んでいる。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す