巨人5連勝、広島は6連勝、阪神は才木が今季初勝利…24日のセ・リーグは?

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

阪神に敗れたDeNAは泥沼の7連敗

 セ・リーグは24日、各地で3試合が行われ、首位・巨人が5連勝、4位広島は6連勝、阪神も連勝を飾った。

 巨人はヤクルトに7-2で勝利。ドラフト1位左腕・高橋が5回無失点で今季2勝目。打っても0-0の2回、1死二、三塁のチャンスでヤクルト先発のブキャナンから、三塁適時内野安打。うれしいプロ初安打、初打点をマークした。続く1番・坂本勇が6号3ラン。3番・ビヤヌエバにも4号ソロが飛び出し、この回一挙に5得点と打線の援護を受けた。6回から登板した2番手の野上が3回無失点と好投した。ヤクルトは開幕からスタメンを続けていた村上ら左打者を外し、右打者を並べたが、得点をなかなか奪えなかった。最終回に西浦に本塁打が飛び出した。

 阪神は今季初登板初先発となった才木が6回途中1失点の力投で今季初勝利。3-1でDeNAを下した。才木は序盤から150キロの直球、110キロ台のカーブなどを使い、DeNA打線を封じた。3回に糸井が中前適時打。6回にも援護点をもらった。2番手以降も島本、能見、ジョンソン、ドリスの救援陣が力投した。DeNAはルーキー大貫が6回2失点の粘投も、打線が抑え込まれ、7連敗となった。

 広島は中日を5-0で下した。野村が7回7安打されながらも無失点の好投で2勝目。鈴木が欠場したが、2回に會澤が左翼席へ2号ソロ。3回には2番・菊池が左中間へ3号ソロを放てば、3番に入った長野が左中間へ2号ソロと連続弾を放ち、中日を突き放した。7回には長野の併殺の間に1点を加点。効果的に点数を奪った。6連勝で借金を2に減らした。中日は先発の山井が今季初黒星を喫した。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す