巨人4発で5連勝、岡本2発&坂本勇1号&亀井1号! ドラ1高橋は6回1失点で初勝利

ドラ1高橋は6回4安打1失点の好投でプロ初登板初勝利

■巨人 10-1 阪神(4日・東京ドーム)

 巨人は4日、本拠地での阪神戦を10-1で勝利した。今季初となった伝統の一戦を3タテで飾り5連勝。先発のドラフト1位ルーキー・高橋が6回4安打1失点でプロ初登板初勝利を飾った。

 巨人打線がドラ1ルーキーを援護した。初回に岡本の2号2ランなどで3点を先制すると、4回には坂本勇の1号3ランでリードを広げた。さらに5回には岡本がこの試合2本目となる3号ソロを右翼席へ運ぶなど効果的に得点を重ねた。

 先発のドラ1高橋は初回2死から糸井に右翼線二塁打、大山に四球を与えいきなり一、二塁のピンチを背負ったが福留を空振り三振に仕留めリズムに乗った。5回には坂本に一発を浴びたが失点はわずか1点のみ。8点リードしたまま6回4安打1失点、勝利投手の権利を降板。7回からは2番手の桜井が2イニングを1安打無失点、9回は大江が締めた。

 阪神はプロ初登板初先発の浜地が4回9安打6失点で初黒星。後を受けた中継ぎ陣も巨人打線を止められなかった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す