巨人が勝ち越しに成功! 元アスレチックス傘下の中島が左前タイムリー

試合前に会話を交わしたマリナーズ・イチロー(左)と巨人・原監督【写真:Getty Images】

試合前に会話を交わしたマリナーズ・イチロー(左)と巨人・原監督【写真:Getty Images】

中島は2回にも左翼フェンス直撃の二塁打を放っており2打数2安打と活躍

 巨人は17日、本拠地・東京ドームでマリナーズと「2019 MGM MLB 開幕戦 プレシーズンゲーム」を戦った。初回、先発の今村が1点を失った巨人だったが、3回に坂本の適時打で追いつくと、4回には中島が適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

2014年まで2年間アスレチックス傘下でプレーした中島が勝ち越しの一打を放った。同点で迎えた4回。先頭の岡本が四球を選び、亀井は右前安打を放って無死一、二塁とすると、中島は詰まりながらも左前に落とすヒット。二塁走者の岡本が生還し、巨人が勝ち越しに成功した。

 中島は2回の第1打席でも左翼フェンス直撃の二塁打を放っており、2打数2安打。マリナーズと開幕戦を戦うアスレチックスでかつてプレーしていた中島が存在感を発揮している。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す