中日小笠原2軍監督、デビューの根尾に「あれだけ振れたら十分」10日は遊撃手で出場へ

中日・小笠原道大2軍監督【写真:荒川祐史】

中日・小笠原道大2軍監督【写真:荒川祐史】

デビュー戦は阪神メッセンジャーの前に2打席無安打だった根尾

 中日のドラフト1位ルーキー根尾昂内野手が9日、阪神鳴尾浜球場で行われたウエスタン春季教育リーグの阪神戦で実戦デビューを果たした。「6番・DH」で先発出場し、阪神のメッセンジャーを相手に2打席無安打、1三振1四球だった。

 2回2死走者なしでの第1打席は2ボール2ストライクからの5球目にバットが空を斬り、空振り三振に倒れた。5回無死二塁での第2打席は右腕のボールを見極めて四球を選び、試合後は「打席に立たせていただけるということだったので、とにかく1打席も、1球も無駄にしない気持ちでグラウンドに入りました」と振り返った。

 初安打はお預けになった根尾だが、小笠原道大2軍監督はメッセンジャーのボールに対して怯まずに振りにいったドラ1ルーキーの姿勢を評価。「あれだけ振れたのは十分じゃないですか。なかなか振れるものじゃない」と目を細め、球界を代表する右腕と対戦できたことも「雰囲気を味わえたのはプラス」と捉えた。

 この日は指名打者での出場となったが、指揮官は「明日は守備に就くことは確か」と明言し、10日の同戦では守備にも入る予定。指揮官はポジションは明かさなかったが、定位置の遊撃に入る見込みだ。「振っていくというところは、これからも継続していきたい。色んな投手と対戦させていただけると思うので、振っていった中でしっかりアジャストできるようにしたい」と語った根尾。いよいよ、竜のゴールデンルーキーがプロとしての第一歩を踏み出した。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

ジャンルで探す