【MLB】ハーパーが史上最高額更新も…トラウトは20年オフに450億円契約の可能性?

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

ハーパーは史上最高368億円で合意、球界NO1選手のトラウトがこれ超える可能性は…

 ナショナルズからFAとなっていたブライス・ハーパー外野手が、フィリーズと13年総額3億3000万ドル(約367億7000万円)で契約合意に達した。マニー・マチャド内野手がパドレスと結んだ10年総額3億ドル(約332億円)のFA史上最高契約総額を更新。さらに、2014年オフにジャンカルロ・スタントン外野手(ヤンキース)が当時所属していたマーリンズと結んだ13年3億2500万ドル(約362億円)も塗り替え、米スポーツ史上最高総額の超大型契約を手にした。衝撃的な契約となったが、2020年オフにFAとなるエンゼルスのマイク・トラウト外野手は、ハーパーを超える総額4億ドル(約447億円)の契約を結ぶ可能性があると、米メディアが予想している。

 米ヤフースポーツは「今やブライス・ハーパーマニー・マチャドが契約を結び、近い将来FAを迎えるトップ5」と題した特集を掲載。2021年オフまでにFAとなる大物5選手を“格付け”しており、その筆頭でメジャーNO1プレーヤーの呼び声高いトラウトが登場している。

 記事では、トラウトが2020年までにエンゼルスと契約延長に至らないことを前提に「北米史上初の4億ドルの契約を結ぶアスリートに彼はなれるだろうか?」と投げかけ、「場合によっては可能かもしれない」と分析。現在の労使協定が2021年に失効となるため、ストライキやロックアウトに直面しないという想定の元で「トラウトは2021年シーズンを迎えるにあたり、球界最高の選手としてだけでなく、球界最高給取りの選手にもなっている可能性がある」と予想している。

 27歳にして2度のMVP受賞を誇るトラウト。特集では「トラウトが攻守において球界で最も優れたスターであると考えない人物を見つけ出すのは、容易なことではない」と指摘。そのうえで「彼のような人材に対し、どれだけの金額を各球団が提示する意思があるのだろうか。それを明らかにすることが、次の数シーズンにおける球界でもかなり魅力的な話題となっていることであろう」としている。2020年オフが近づけば、トラウトの契約の話題で球界が持ちきりになることは確実。成績を維持するどころか、進化を続けるスーパースターが総額4億ドルの契約を手にする可能性は決して低くない。

 この他、特集では2位に昨季ア・リーグMVPのムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス、2020年オフFA)、3位にクリス・セール投手(レッドソックス、2019年オフFA)、4位にフランシスコ・リンドーア内野手(インディアンス、2021年オフFA)、5位にクリス・ブライアント内野手(カブス、2021年オフFA)の名前を挙げている。この中から、ハーパーの記録を塗り替える大型契約を結ぶ選手は出てくるだろうか。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す