中日与田監督、ファンと接触で右肩違和感の松坂の1軍帯同は「今後決めていく」

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

当面はノースロー調整に「まだすべてのことが把握できていないので」

 中日は11日、松坂大輔投手が右肩の違和感のため、当面はノースロー調整になると発表した。数日前にファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を覚えているという。与田剛監督は複雑な胸中を明かした。

 松坂の状態について「チームのほうからリリースがあったと思うので、それが全てですね。それ以上のことは私もわからないので」と話した与田監督。今後、松坂が1軍に帯同するのか、2軍で調整するのかについても「まだ決まってません。今後決めていきます。まだすべてのことが把握できていないので、何も言えません。それを把握した上で判断します」と明かした。

 ファンサービスを行う中で起きてしまった“事故”。指揮官は「もちろん、起きてしまったことに関しては、今後、他の選手への防止策を用意しなくてはいけないのかなと。だからといって、ファンの方との接触を一切禁止するということも、当然ファンの方もそんなこと思ってないわけだし、選手自身も何とかサインをしてあげたいという中で起こったことなので」と複雑な胸中を明かし、「非常に難しい問題ですけど、とにかく選手を守らないといけないので、球団とも相談していきながら、いい方法を考えないといけないですね」と話した。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す