鷹サファテ、いよいよ明日合流 工藤監督「庇っている感じ、変な感じない」

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

昨季開幕直後に股関節の違和感を訴えて離脱、手術を受けていた

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手が明日10日、宮崎市内で行われている春季キャンプに合流する。昨季開幕直後に股関節の違和感を訴えて離脱した鷹の絶対守護神。その後米国へ戻って手術を受け、リハビリを続けていた。

 回復具合は順調のようで、すでにマウンドからの投球練習を再開。自身のツイッターでも、力強いボールを投げ込む動画を公開していた。「キング・オブ・クローザー」の合流を翌日に控えた9日、工藤公康監督は「明日すぐなのかは決めていないけど。サファテ本人と話をした上で今後のことは決めていきたい。本人の考えもあるでしょうし」とコメントした。

 映像などでは回復具合をチェックしており「映像で見ている感じはスムーズ。庇っている感じないし、変な感じもないと聞いている。来てすぐ投げるかは分からないし、もしかしたら1クールくらい様子を見るかもしれない。本人から聞いた上でやっていきたい」と語っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

ジャンルで探す