西武ドラ1松本航ら新人3選手がインタビュー「開幕1軍で戦力に」

西武の新人3投手、森脇亮介・松本航・粟津凱士(左から)【写真提供:文化放送】

西武の新人3投手、森脇亮介・松本航・粟津凱士(左から)【写真提供:文化放送】

キャンプ初休日は日南観光 松本、粟津、森脇の即戦力候補3選手がラジオ出演

 宮崎県日南市南郷町で春季キャンプを行う西武は4日が今キャンプ初の休日となった。A班の新人5選手は市内観光を行い、初めての休日を満喫。その後、ドラフト1位の松本航投手(日体大)、同4位の粟津凱士投手(東日本国際大)、同6位の森脇亮介投手(セガサミー)の3人が生出演で、日南観光の感想や今後の意気込みを語った「文化放送ライオンズエクスプレス」の模様をお届けしたい。

――日南観光はいかがでしたか?

松本「はじめての土地だったんですけど、とてもいい場所を観光させていただきました。道の駅での絶景が非常に印象に残っています。」

粟津「初めての経験をたくさんさせていただいて、とっても思い出に残りました。小学生と一緒につくる魚うどんのほうが自分の中ではとっても印象的で、(小学生からエネルギーを)かなりもらえました」

森脇「小学校訪問はすごく楽しく、魚うどんもすごく美味しくできたので、また魚うどん食べたいなと思いました」

――小学生と会話している森脇選手の笑顔がすごかった。

森脇「(まだ自分の子供は小さいんですが)自分の子供が小学校6年生くらいになったときに、ちゃんと先生のいうこと聞いてちゃんとできるようになっているのかなぁってすごい心配にはなりましたけど(笑)なっててくれることを…いや、なってくれるように、育てます」

――道の駅南郷でいろいろな料理が出てきましたが印象に残ったものは?

松本「宮崎牛丼がおいしかったです」

粟津「え?僕は刺身です!なんか今朝打ち上げられたという…イカですね」

森脇「僕は…エビフライですね。大きかったです。ブラックタイガーって言われてたんですけど、すごい身も詰まってて噛み応えもあってすごいおいしかったです」

――改めて、今回のこの日南観光で一番おいしかったと思うものを色紙に書いていただきました。

松本「私は宮崎牛丼です。とても柔らかくておいしかったです」

粟津「自分は魚うどんです。ほんとに臭くもなく、食べやすくて小学生と一緒に手作りしておいしいなって思いました」

森脇「う?ん、僕は…刺身です。今朝水揚げされたって言われてたイカが…(被らないように打合せして書いたのに粟津に)先言われちゃってざわざわしました(笑)」

――最後にキャンプ、そして今シーズンの抱負・目標を教えてください

松本「しっかりキャンプで体づくりをして開幕1軍でしっかりと戦力になれるように頑張っていきたいと思います」

粟津投手「このキャンプで自分に力をつけて、いち早く1軍でデビューできるように頑張りたいと思います」

森脇投手「このキャンプで1年間戦える体をつくって開幕1軍、そして年間通して活躍できるように頑張りたいと思います」(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

ジャンルで探す