松坂や根尾のサインが… 中日、オークションでの転売行為で異例の「お願い」

春季キャンプでサインに応じる中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

春季キャンプでサインに応じる中日・松坂大輔【写真:福谷佑介】

球団公式HPで異例の「お願い」を掲載「ファンサービスの制限も視野」

 中日は4日、球団公式HPで「ファンの皆さまへのお願い」とタイトルをつけた文章を掲載。転売目的でサインを求める行為に及ばないように「お願い」している。

 中日は「日ごろから中日ドラゴンズへご声援をいただき誠にありがとうございます」とファンへの感謝を述べた上で「沖縄春季キャンプにおいて、一部のファンの方で転売を目的として選手へサインを求められる行為が見受けられています。このような行為には決して及ばないようお願いいたします。また、転売目的以外で選手のサインを取得、その後結果的にそのサインを転売する行為にも及ばないようお願いいたします」と綴った。

 1軍は沖縄・北谷、2軍は読谷で春季キャンプを行っている中日。加入2年目で今年から代名詞の背番号「18」を背負う松坂大輔投手、ドラフト1位で入団した大物ルーキーの根尾昂内野手ら注目選手が多く、連日、大盛況となっている。一部オークションサイトでは実際に松坂や根尾のサインが出品されており、キャンプグッズであることからここ数日に書かれたものと見られる。実際に2万5000円で売れている松坂のサイン入りユニホームもあった。

 球団公式HPではさらに「沖縄春季キャンプに限らず、今後、上記の行為等が見受けられる場合は、球団としては、本意ではございませんが、サイン等のファンサービスを制限させていただくことも視野にいれております。ファンの皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします」と異例の呼びかけを行っている。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す