西武内海、今キャンプ2度目のブルペン入り スライダー、ツーシーム解禁

春季キャンプに臨む西武・内海哲也【写真:安藤かなみ】

春季キャンプに臨む西武・内海哲也【写真:安藤かなみ】

初日の初ブルペンでは直球とカーブのみだった

 昨年のパ・リーグ覇者・西武ライオンズの南郷キャンプ3日目。巨人から移籍した内海哲也投手が2度目のブルペンに入り。62球の力のこもったピッチングを披露した。

 初日の初ブルペンでは「初めから色んな球種を投げると(感覚が)狂う」と、投球の軸である直球とカーブを2球種を投げたが、この日はスライダー、ツーシームを織り交ぜる投球となった。

 午前中には優勝パレードがあったため、普段より遅めの始動だったが、正午過ぎにはブルペンに移動。多くの報道陣や球団関係者が見守る中、一球一球に熱を込めた。初めは球がやや上ずった場面もあったが、中盤以降はミットを叩く音が強く響き渡る球も見られ、着実に実戦モードへの道を進んでいるようだ。(沢井史 / Fumi Sawai)

ジャンルで探す