“レジェンド”山本昌氏が大物歌手に変身? ギンギラのド派手ジャケット姿を披露

現在は解説などを務めている山本昌氏【写真:岩本健吾】

現在は解説などを務めている山本昌氏【写真:岩本健吾】

ツイッターで披露、ファン喝采「大物演歌歌手みたいです」「キャンプもこれで」

 現役時代に通算219勝(165敗)を挙げ、NPB史上初の50歳出場・登板を果たすなど数々の偉業を達成した元中日の“レジェンド”山本昌氏が、30日に自身のツイッターを更新し、ド派手な“ギンギラジャケット”に身を包んだ写真を公開。ファンから「大物演歌歌手みたい」と“高評価”を受けている。

 山本昌氏がツイッターで公開したのは2枚の写真。いずれも黒のネクタイ、銀色のスパンコールとみられる素材が全面に使用されたジャケットを着用し、そのうちの1枚はマイクを持つようなポーズを見せている。山本昌氏は「今日はこんな格好で仕事をしていました。何の収録かはまたお知らせさせていただきますね」と詳細を伏せたが、最後にはマイクの絵文字を使っている。音楽関係の仕事をしていたとみられる。

 球界のレジェンドが見せた、テレビスター顔負けの“ギンギラジャケット”姿。ファンから好評だった。2500件を超える「いいね」が付き、「大物演歌歌手みたいです(笑)」「ビッカビカ」「キャンプもコレで回って」「ギンギラギンにさり気なく昌さん」「え? まさかのスターにしき…いやなんでもありません」「昌さんのオーラがバンバン出てますね! 格好いいです」とのコメントが付いた。

 28日には一宮署で一日署長を務め、警官姿をツイッターで公開した山本昌氏。次はどんな変身を見せてくれるのか注目だ。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す