「ラッキーだなと思いました」西武榎田、“先輩”内海の加入を歓迎するワケ

自主トレを行った西武・榎田大樹【写真:福谷佑介】

自主トレを行った西武・榎田大樹【写真:福谷佑介】

福岡・久留米市内で鷹・千賀らと自主トレを行う

 西武の榎田大樹投手が“先輩”内海哲也投手の加入を歓迎した。19日に福岡・久留米市内でソフトバンク千賀滉大投手らと自主トレ。トレーナーの鴻江寿治氏が主宰する「コウノエスポーツアカデミー」のトレーニングキャンプでフォームなどの動作解析を行った。

 複数のカメラでフォームを確認しながらの投球練習などで汗を流した榎田。昨オフに初めて鴻江氏に師事した左腕は「(昔とフォームは)全然違うと思います。タイプとしては逆のことをやっていた。それを直してもらって、ルーキーの時のような形に戻ってきました」と語り、このオフは「基本的にはやっていることは一緒」とシーズン中に生じたズレを修正しているという。

 今オフ、西武にはFA移籍した炭谷銀仁朗捕手の人的補償として巨人から内海哲也投手が加入した。榎田にとっては社会人・東京ガスの先輩にあたる。「球場で挨拶に行くくらい」と、それほど近しい間柄ではないというものの、「チームにとってプラスになると思います」と歓迎する。

 内海の加入を知り、真っ先に感じたのは「ビックリしましたし、ラッキーだなと思いました」という榎田。そのワケとして「西武って選手がFAで抜けるじゃないですか。それで若い選手にとって見本になるような投手がいなくなってしまう。内海さんが加わることで、若手にとっていい見本になると思います」と、西武“特有”のチーム事情も鑑みて語る。

 阪神からトレードで西武に加入した昨季は先発ローテの一角として活躍し、自身初の2桁勝利となる11勝をマークした。「内海さんが来るので助かります。影に隠れてこっそりとやりたいと思います。去年のように5、6番目で投げられればいいですね」と笑った榎田。菊池雄星投手がマリナーズに移籍して迎える今季、貴重な先発左腕として昨季以上の活躍が期待される。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

ジャンルで探す