【ドラフト】大阪桐蔭・根尾、地元中日の1位指名に感謝 「何か縁があると思います」

中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂【写真:荒川祐史】

中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂【写真:荒川祐史】

岐阜・飛騨市出身の根尾は地元中日が交渉権を獲得

 プロ野球ドラフト会議は25日、都内で行われ大阪桐蔭の根尾昂内野手は4球団が競合し中日が交渉権を獲得した。同校で会見を行った根尾は岐阜出身で地元・中日からの指名に「何か縁があると思いますし、このご縁を大切にして中日ドラゴンズの一員として勝利に貢献したい」と笑顔を見せた。

 岐阜・飛騨市出身の根尾は中日の印象を問われると「小さい時からTVを付ければ中日ドラゴンズさんの試合がやっていて強い印象があります」と語った。地元球団からの指名には「何か縁があると思いますし、このご縁を大切にして中日ドラゴンズの一員として勝利に貢献したい」と力を込めた。

 巨人、ヤクルト、日本ハム、中日と4球団が競合したことには「非常に光栄だと思います」と感謝の言葉を口にしていた。高校時代は投打の二刀流として活躍したが「球団のスタッフの方、コーチの方と話し合って決めていきたいと思います」と話すにとどめた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す