【ドラフト】岐阜出身の根尾、中日には「縁がある」 4球団が1位指名「ホッとした」

中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂【写真:荒川祐史】

中日ドラゴンズジュニアでプレー「このご縁を大切にして」

 2018年のプロ野球ドラフト会議が25日に都内のホテルで行われ、最も注目を浴びていた大阪桐蔭高の根尾昂内野手は4球団競合の末に中日が交渉権を獲得した。岐阜出身の根尾は「ホッとした」と話し、地元に近い中日に決まったことについて「縁がある」と話した。

 根尾には1位指名を公表していた巨人、ヤクルト、中日の他に日本ハムが参戦し1位指名。抽選の結果、中日の与田新監督が交渉権を引き当てた。

 その様子を見ていた根尾は「ホッとしています。どの球団さんに選んでいただけるか分からなかったので、中日ドラゴンズさんに行くことが決まったのでホッとしました」と引き締まった表情で話した。中日については「小さいときからテレビをつければ試合をやっていて、小さい頃から馴染みのあるチームで、強い印象があります」と印象を明かした。

 リトルリーグの「中日ドラゴンズジュニア」でプレーしていた経験もあり「何か縁があると思いますし、このご縁を大切にして中日ドラゴンズの一員として勝利に貢献できるようにやっていきたいと思います」と話した根尾。「チームを勝利に導ける選手になるというのが一番の目標なので、どのチームになっても勝利に貢献したいと思います」と誓った。

 また、3球団競合の末に藤原恭大外野手の交渉権はロッテが獲得。史上初めて同一高校からドラフト1位野手が誕生することになったが、「藤原がどこに行くんだろうというのを心配していたので、決まって2人でホッとした感じでした」と話していた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す