ハム、アルシア適時打で追加点 鷹は中村晃ソロですぐさま反撃 CSパ第2戦

適時打を放った日本ハム・アルシア【写真:編集部】

適時打を放った日本ハム・アルシア【写真:編集部】

初戦を落として後のなくなった日本ハムは横尾のソロで先制

■ソフトバンク – 日本ハム(14日・ヤフオクドーム)

 後のなくなった日本ハムが貴重な追加点を奪った。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦。横尾のソロ本塁打で先制した日本ハムは4回にアルシアが適時打を放ち、リードを2点に広げた。

 大きな1点が日本ハムに加わった。3回に横尾のソロで先制した日本ハム。4回、先頭の大田が遊撃・高田の悪送球で出塁すると、続く近藤の打席で盗塁に成功。中田の左前安打で一、三塁へとリードを拡大すると、アルシアが千賀の抜けたフォークを右前へ。三塁走者が生還して1点を加え、リードを広げた。

 2点のビハインドとなったソフトバンクも、その直後に反撃。先頭で打席に入った中村晃が右翼ホームランテラス席へと飛び込むソロ本塁打。この回まで1安打に抑えられていた日本ハム先発のマルティネスから一発を放ち、再び1点差に迫った。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す