スポーツ

村田修一から継承、岡本和真が背負う巨人の背番号「25」とは

岡本和真のこれまでの成績

岡本和真のこれまでの成績

来季巨人の31代目背番号「25」に、“勝負の年”に挑む岡本

 巨人の岡本和真が来季から背番号を「38」から「25」に変えることとなった。一般的に、若い背番号を与えられることは、首脳陣の期待感が上がったことを意味している。来季は岡本には勝負の年になりそうだ。

 巨人の「25」は、1軍の試合に出ていない選手も含めれば過去30人。岡本は31代目になる。巨人代々の背番号「25」を振り返ろう。

〇戦前から1950年代まで

井上康弘 内 1937年秋-1939年72試29安0本14点4盗 打率.216
平山菊二 外 1946年-1949年693試648安38本311点106盗 打率.265
吉江英四郎 投 1950年14試3勝4敗 防御率3.45
岡部宏 投 1951年(出場なし)
兼吉寛 投 1951年-1952年12試0勝0敗 防御率3.86
西田亨 投 1952年-1953年21試3勝1敗 防御率3.20
杉本定介 投 1953年(出場なし)
岡部宏 投 1953年(出場なし)
辻村隆 投 1953年(出場なし)
笠原正行 投 1953年-1955年38試10勝4敗 防御率3.56
高橋正勝 投 1956年(出場なし)
土屋正孝 内 1956年-1960年585試423安30本161点99盗 打率.235

 巨人の初代「25」は、井上康弘。熊本商出身、161センチと小柄な内野手だった。戦前は井上だけ。2代目は平山菊二。「塀際の魔術師」と言われた名外野手。のち大洋に移籍。スカウトとしても長く活躍した。

 以下、1956年までは投手が「25」をつけた。西田はハワイ出身の日系人。のち東映に移籍。1953年は西田のあと4人もの投手が「25」をつけた。この時期の巨人は、2リーグ分立に伴い、選手不足に悩んでいたためシーズン中も多くの選手を入団させていた。登録の過程で背番号が目まぐるしく変わったのだ。1956年に「25」をつけた土屋正孝は長野県・松本深志高校出身。長嶋茂雄の前の巨人の正三塁手だ。のち、国鉄に移籍した。

川口和久、李承ヨプらも背負った「25」

〇1960年代から91年まで

土居章助 内 1961年-33試3安0本0点2盗 打率.070
古賀英彦 外 1962年-1964年19試2安0本0点0盗 打率.182
相羽欣厚 外 1965年-1972年380試118安11本50点13盗 打率.223
富田勝 内 1973年-1975年269試109安10本45点16盗 打率.224
平田薫 内 1976年-1980年120試44安4本25点1盗 打率.282
松原誠 内 1981年-36試14安1本8点0盗 打率.233
鈴木康友 内 1982年-1984年207試75安9本30点3盗 打率.229
鴻野淳基 内 1985年-1991年396試188安14本58点42盗 打率.267

 相羽欣厚は1972年、南海に移籍。変わって南海から移籍した富田勝が「25」をつける。富田は田淵幸一、山本浩二とともに「法政三羽ガラス」といわれた強打者であり、衰えが見えた長嶋茂雄の後釜として期待されたが、活躍できず。このあとを駒澤大出身の平田薫が次ぐ。1981年は大洋の大打者、松原誠が現役最終年に巨人に移籍してつけた。以後、若手内野手の鈴木がつけ、鈴木とのトレードで西武から移籍した鴻野がつける。

〇1991年以降

谷口功一 投 1992年-1994年3試0勝0敗 防御率9.00
川口和久 投 1995年-1998年85試8勝12敗4S 防御率4.32
平松一宏 投 1999年-2001年56試5勝4敗0S 防御率4.45
ワズディン 投 2002年-10試1勝4敗0S 防御率4.54
ベイリー 投 2003年-30試1勝0敗0S 防御率4.79
三澤興一 投 2004年-15試3勝0敗0S 防御率4.58
亀井義行 外 2005年-2006年85試35安3本19点1盗 打率.191
李承ヨプ 内 2007年-2010年315試252安59本148点7盗 打率.250
フィールズ 内 2011年-40試22安2本9点0盗 打率.202
村田修一 内 2012年-2017年795試765安109本391点6盗 打率.274
岡本和真 内 2018年-

 その後は再び投手の番号となる。川口和久は広島の左腕エースだったが、FAで巨人に移籍。新人時代の亀井義行(現善行)も「25」をつけた。

 李承ヨプは、KBO(韓国プロ野球)の最多本塁打記録を持つ強打者。ロッテから移籍。1年目は「33」だったが、2年目から「25」をつけた。

 外国人内野手フィールズを挟んで、横浜(現DeNA)から移籍した村田修一がつけた。村田は横浜時代から「25」であり、この番号に愛着があったようだ。

 こうして振り返ると「25」は、目まぐるしく入れ替わっていて、代表的な選手は決め難い。ただ「打撃が売りの内野手」が多いとは言えるだろう。岡本はこれから活躍をして「25」を巨人を代表する背番号に育ててほしいものだ。(広尾晃 / Koh Hiroo)