スポーツ

初戦が鍵、「西武・菊池VS楽天・則本」のエース対決 データで有利なのは? 

西武・菊池(左)と楽天・則本(右)【写真:荒川祐史、編集部】

西武・菊池(左)と楽天・則本(右)【写真:荒川祐史、編集部】

初戦の結果が大きな鍵を握るパファーストステージ 

 熱い戦いが始まる。ペナントレースが終わったプロ野球は、14日から日本シリーズ進出の権利をかけたクライマックスシリーズ(CS)がスタートする。 

 まずは3試合制のファーストステージ。18日からのファイナルステージ進出を目指して、パ・リーグは2位・西武と3位・楽天が、西武の本拠地メットライフドームで対戦する。この西武と楽天の顔合わせ。初戦をモノに出来るかどうかが、勝負の行方の大部分を握っていると言えるだろう。 

 2007年にスタートしたクライマックスシリーズ。パ・リーグはファーストステージ、ファイナルステージともに初戦に勝利したチームが全てそのステージを突破している。初戦勝利チームの突破率が100パーセント。短期決戦となるポストシーズンでは、とにかく初戦の勝敗は大きなウエートを占めていることがよく分かる。 

 その初戦、両エースの意地と意地のぶつかり合いとなりそうだ。 

 西武は今季、最多勝と最優秀防御率の2冠を獲得した菊池雄星が先発する。この菊池、御存知の方も多いだろうが、とにかく楽天に今季めっぽう強い。16勝のうち半分の8勝を楽天から奪っているのだ。 

 5月5日、メットライフドームでの対戦で7回2安打1失点に封じて勝利投手となると、その後も連勝街道を突っ走った。2度の完封勝利もあり、今季なんと8戦全勝。ワーストでも3点しか失っておらず(この時も8回まで投げている)、対楽天の防御率は0.82という驚異的な成績をマークしている。 

則本は今季対西武に防御率5.76 

 楽天打線は菊池から最多でも6安打しか放てておらず、2桁三振を半分の4試合で喫している。茂木、島内、銀次などチームの主力に左打者が多いだけに、1年を通して苦戦し続けてきた。 

 その中でも、茂木は10打数ノーヒット、銀次は25打数4安打の打率.160と苦手。左打者でもペゲーロは23打数8安打の打率.348と打っている。この初戦、狗鷲打線がいかにして菊池を攻略するか見ものである。 

 楽天も初戦には当然のごとくエース則本昂大を送る。チームが8戦8敗と大の苦手としている菊池との対戦。エース同士の投げ合いを避け、2戦目、3戦目を則本、岸孝之の2枚看板で取りに行く策も考えられたはずだが、真っ向勝負に打って出た。それだけ初戦は重要な意味を持つということだろう。 

 ただ、則本は今季、西武との相性はそれほど良くない。4試合に先発し、1勝2敗。4月12日のKoboパーク宮城、8月2日のメットライフDでは6失点を喫しており、対戦防御率5.76とパ・リーグ5球団の中でも最も悪い数字となっている。 

 山川穂高に5打数3安打1本塁打の打率.600と打たれているのを筆頭に、秋山翔吾が.333、浅村栄斗は.364、外崎修汰が.375と、主力との対戦成績も軒並みよくない。相手の先発が菊池である以上、ロースコアとなる可能性は高く、エース則本の肩にかかる責任は大きい。 

 球界を代表する両エースの投げ合い。ファーストステージの行方を左右する第1戦は、14日午後1時、メットライフドームでプレーボールとなる。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)