スポーツ

ヤンキース大逆転突破の立役者、田中将大が歓喜「初めて貢献できたかな」

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

2連敗後の第3戦でチームを救う快投「3連勝はみんなで力を合わせないと絶対無理」

 ヤンキースは11日(日本時間12日)、インディアンスとの地区シリーズ第5戦を5-2で制し、2連敗からの3連勝で5年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。崖っぷちに追い詰められて迎えた第3戦で、田中将大投手が快投。チームを勝利に導くと、そこから流れを掴んで奇跡の大逆転突破を果たした。試合後、シャンパンファイトで喜びを爆発させた田中はテレビインタビューで「最高です!」と話した。

 第5戦はグレゴリアスの2打席連続弾で3点を奪うと、先発サバシアが5回途中2失点の力投。ロバートソン、チャプマンとつないでリードを死守し、9回には2点を追加。本拠地で2連勝した勢いそのままに、リーグ最高勝率の強敵を打ち破った。

 すべては田中の快投から始まった。第3戦に先発すると、7回3安打無失点7奪三振1四球と快投。敗退危機に追い込まれていたチームを勝利に導き、流れを変えた。この日は、救援登板に備えてブルペン待機。中2日でマウンドに上がることはなかったが、ヤンキースは熱戦を制した。

 試合後、チームメートとシャンパンファイトで勝利の美酒に酔いしれた田中は「3連勝はみんなで力を合わせないと絶対無理。その中でも初めて貢献できたかなと思います」と喜びを噛み締めた。ワイルドカードゲームでは「僕は何もしていない。次貢献できるように」と話していたが、今回はまさに大逆転突破の立役者に。アップダウンの激しかったレギュラシーズンを乗り越え、プレーオフの舞台で大仕事をやってのけた。

 13日(同14日)に開幕するリーグ優勝決定シリーズでは、敵地ヒューストンで行われる第1戦か第2戦での先発が有力視される。絶大な勝負強さを、次のステージも見せてくれそうだ。(Full-Count編集部)