スポーツ

カープVかかる大一番 地上波生中継はNHK“強運”2年連続 民放歯ぎしり

13日のDeNA戦に勝ち、リーグ優勝へのマジックを2とした広島は14日の同戦に勝ち、阪神が巨人に敗れると37年ぶりの2連覇が決まり、2009年に新設されたマツダスタジアムで初の胴上げとなる。注目の地上波テレビ生中継は、NHK総合(後7・30、後6・00~7・30と後8・44~はサブch)。昨年9月10日、25年ぶりの優勝を決めた巨人戦を生中継したのもNHKで、地元・広島地区の平均視聴率は60・3%(ビデオリサーチ調べ)。高視聴率を見込める試合の生中継が2年連続でNHKになり、広島の民放関係者は「またか」と歯ぎしりしている。

得点を喜ぶ広島ナインとファン

昨年のV決定試合の60・3%は、広島地区の1981年以降の歴代平均視聴率としては、広島がリーグ優勝を決めた86年10月12日のヤクルト―広島戦の63・5%(テレビ新広島)に次ぐ2位の記録。瞬間最高視聴率は午後9時44分と同9時48分、71・0%に達した。

今年も大一番の生中継がNHKに当たり、民放関係者は「またNHKさんですか」と率直な心境を吐露。一方「(民放の)他局じゃなく、よかったという思いもあります」と複雑な一面も明かした。

9月の広島戦の地上波生中継は民放合計10試合、NHK1試合。中継日程はシーズン開幕前に決まっており、NHKは“強運”。首尾よく優勝決定試合になり、高視聴率がはじき出されるか。