沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

【ファーム情報】巨人の丸&陽岱鋼が2安打 完封勝利のオリックスは榊原が3勝目

巨人・丸

 プロ野球のファームは11日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 巨人は楽天戦(森林どり泉)に3―2。先発の育成選手・木下が5回7安打2失点で1勝目を挙げた。丸、陽岱鋼が2安打。ドラフト1位・平内(亜大)が1回1安打無失点で2セーブ目(2勝3敗)。楽天先発・石橋は4回4安打2失点。山崎剛が3安打を放った。

 ヤクルト―ロッテ戦(戸田)は延長10回、4―4の引き分け。ヤクルト先発・原は6回6安打2失点(自責0)。中山が2安打を放った。ロッテ先発の育成選手・森は6回5安打3失点(自責2)。高部、福田光が3安打をマークした。

 DeNA―西武戦(平塚)は6―6で引き分け。DeNA先発・阪口は4回5安打1失点。中井、乙坂が2安打2打点だった。西武先発・吉川は6回6安打2失点。鈴木が4安打を放った。

 オリックスは広島戦(由宇)に6―0で完封勝利。先発・榊原が6回3安打6奪三振無失点で3勝目(1敗)。育成選手の岡崎が2回に先制の1号2ランを放つなど3安打2打点。広島先発・矢崎は7回8安打4失点(自責3)で3敗目(2勝)を喫した。

 阪神はソフトバンク戦(甲子園)に4―2。先発・チェンは5回3安打5奪三振で2失点(自責1)。6回にロハスが4号ソロを放った。ソフトバンク先発・二保は8回8安打4失点で完投も1敗目(3勝)。

ジャンルで探す