巨人ドラ1平内が都市対抗観戦 来年からの本拠地「イメージ湧いてきた」

亜大・平内

 巨人からドラフト1位指名を受けた亜大の平内龍太投手(4年)が、22日、都市対抗野球第1日第2試合のトヨタ自動車―セガサミーの観戦に訪れた。

 同じセ・リーグの広島からドラフト1位指名された栗林らの投球を目の当たりにし「ロースコアの試合で、投手のレベルが本当に高かった。1球の怖さや大切さを改めて感じました」とハイレベルな社会人の投げ合いを見つめた。

 来年から本拠地となる東京ドームとあって「今まではそういった目で見ていなかったけれど、きょうは試合を見たことで少しイメージが湧いてきた」と目を輝かせた。

ジャンルで探す