阪神・西勇3年連続の2桁10勝目 イニング数もリーグトップ

<神・ヤ>7回、大山の好守でピンチを切り抜け、笑顔を見せる西勇輝(撮影・大森 寛明)

 ◇セ・リーグ 阪神5―0ヤクルト(2020年10月16日 甲子園)

 阪神・西勇輝投手(29)が8回5安打無失点の好投でオリックス時代の18年から3年連続の10勝目を手にした。

 初回は2死三塁といきなりピンチを背負ったが、4番・村上を二ゴロに仕留めてゼロで切り抜けると、リズムに乗り中盤6回まで落ち着いた投球を披露した。3―0の7回には先頭の村上にこの日初めての四球を与えると、1死から西田に左前打。続く山崎にも四球で1死満塁のヤマ場を迎えたが、西浦を三ゴロ併殺に仕留め、得点は与えなかった。この日の試合を終えて132投球回で中日・大野雄を抜いてリーグトップに立った。

ジャンルで探す