明石商、4回戦へ 来田、特大3ラン 中森は4回無失点7K

<高校野球兵庫大会 加古川東・明石商>6回無死一、二塁、明石商・来田は右越えに3点本塁打を放つ(撮影・奥 調)

 ◇令和2年度夏季兵庫県高校野球大会 3回戦 明石商7―0加古川東(7回コールド)(2020年8月2日 高砂)

 今秋ドラフト候補の中森俊介と来田涼斗を擁する明石商が加古川東を下し、4回戦に進んだ。

 2回2死満塁で来田が右前に2点適時打を放ち先制。4―0の6回無死一、二塁では来田が右越えへ特大の高校通算34号となる3ランを放ち、コールド圏内に持ち込んだ。「状態があまり良くなくて、後ろにつなげていく気持ちしかなかった。コンパクトにいこうと思った結果がああいう形になりました」と話した。

 2戦連続で先発した中森は最速147キロを計測。4回44球を投げ2安打7奪三振無失点だった。4打数2安打5打点で援護してくれた来田に「キャプテンらしく、いいバッティングをしてくれました」と感謝していた。

ジャンルで探す