福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

阪神・大山がプロ入り後初めて中堅の守備へ

7回無死、平田の中前打で、打球を処理する大山(撮影・椎名 航)

 ◇セ・リーグ 中日―阪神(2020年7月1日 ナゴヤドーム)

 阪神の大山がプロ4年目で初めて中堅の守備についた。打撃不調の近本に代わって7回から出場。昨季は全試合に出場し108試合で4番を任されたが、今季はベンチスタートの試合が大半で、一塁、左翼、中堅と、複数ポジションを守る状況が続いている。

ジャンルで探す