巨人ナイン沖縄入り 坂本、インフルの影響ない、準備「できています」

那覇市内の沖宮を参拝し獅子に頭をガブリとやられる巨人の坂本主将(手前)。後方で大笑いする原監督(中央)ら巨人ナイン(撮影・久冨木 修)

 ◇練習試合 広島5―4ロッテ(2020年2月14日 コザしんきん)

 1次キャンプを行っていた宮崎から沖縄入りした巨人ナインは、沖宮(おきのぐう)を参拝して必勝を祈願した。原監督に促された坂本が、指揮官の前に獅子舞に頭をガブリとかまれるポーズを披露。今年2度目のインフルエンザ感染で一時離脱したが「(実戦の準備は)できています。ピッチャーの球をできるだけ見たい」と抱負を口にした。

 同地での2次キャンプは、10日間で計7試合と実戦漬け。初日のきょう15日は今キャンプ初の対外試合となる韓国・サムスンとの練習試合が行われる。先発・桜井と田口が3イニングずつ登板予定で、この日は舞台となる沖縄セルラーで調整を行った。例年より1週間開幕が早まることもあり、主将の坂本は「1試合でも多く出て、実戦を積めればいいなと思います」と見据えた。 (神田 佑)

ジャンルで探す