マー君 WS進出へ6回無失点好投 敵地での勝利に「ヒューストンで勝つということは大変」

<ヤンキース・アストロズ>ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第1戦に先発登板したヤンキース・田中(AP)

 ◇ア・リーグ優勝決定シリーズ 第1戦 ヤンキース7―0アストロズ(2019年10月12日 ヒューストン)

 ヤンキース・田中将大投手(30)が12日(日本時間13日)、敵地ヒューストンで行われたアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第1戦に先発登板。6回1安打無失点の快投で勝ち投手となり、プレーオフ自身5勝目を挙げた。チームは7―0で勝利し、ワールドシリーズ進出へ大事な初戦を制した。

 田中は、6回を投げ打者18人に対し、わずか68球。安打も1本に抑えて圧倒し、今季ポストシーズンの防御率は0・82となり、抜群の安定感を見せた。それでも、田中は試合後に「結果ほど良くなかったというのは、自分の気持ちとしてはある」と振り返った。続けて「強い当たりも打たれたが守備のいいプレーに助けられて、なんとか乗り越えることができた」とバックに感謝。

 田中はメジャー入り以降、これでプレーオフ7試合に先発して通算5勝2敗、防御率1・32と勝負強さを発揮。大舞台で結果を残している右腕は「冷静に1球、1球、意図を持って投げていくという部分についてはしっかりできた」語った。

 リーグ優勝、そしてワールドシリーズ進出へ敵地での初戦を制した。田中は「この敵地で、ヒューストンの本拠地で勝つということは大変。なんとか先陣を切って、勝ちを持ってこられた」と充実の表情。それでも右腕は「しっかりと応援をして、自分自身の調整をして、次のマウンドへ準備をしたい」と、前を見据えた。

ジャンルで探す