巨人・メルセデス7回零封の好投で4勝目、中川はとうとう失点もチームは2連勝で堅首

◇セ・リーグ 巨人5-1中日(2019年5月18日 ナゴヤD)

ユニホームの色が変わるほど背中に汗をかいて力投するメルセデス(撮影・木村 揚輔)

巨人は打線がつながり序盤から5得点。先発・メルセデスが7回まで零封し、救援陣も好投、リードを守り切った。チームは2連勝で貯金を7とした。

巨人は2回、先頭の5番・亀井が二塁打で出塁すると、続くゲレーロがカウント0-1からの2球目をフルスイング。レフトスタンドへ5号2ランを放ち2点を先制した。

3回は四死球で無死一、二塁とし、3番・丸が適時二塁打で1点を追加。4番・岡本も適時打を打ちさらに1点。続く5番・亀井の三ゴロの間にも1点が入り、合計3点を上げた。

巨人先発のメルセデスは7回を投げ被安打5で無失点。救援陣がリードを守り切り4勝目を挙げた。開幕から16試合無失点を続けていた中川は8回に登板も、とうとう1失点を喫した。

中日は先発の柳が序盤につかまり5失点。打線もメルセデスを前に攻略の糸口をつかめなかった。チームは2連敗で借金は5となった。

ジャンルで探す