阪神ルーキー高橋遥 8回1失点で2勝目 糸原が決勝打

◇セ・リーグ 阪神2―1中日(2018年5月18日 ナゴヤD)

ビシエドを捕邪飛に仕留め、グラブを叩いて笑顔をみせる高橋遥

阪神が逆転勝ちし、連敗を2で止めた。

小笠原に対し、攻略の糸口を見いだせない阪神打線だったが、6回、俊介の中前打から犠打と進塁打で2アウト3塁のチャンスを作る。さらに福留の四球で一、三塁とすると、ロサリオ、糸原に連続適時打が飛び出し、2―1と逆転に成功した。ロサリオが同点打を含む3安打の活躍。

新人左腕の高橋遥は中13日の先発で、自己最長の7回2/3を投げ、5安打に封じて7三振を奪って今季2勝目を挙げた。

中日は小笠原の好投も報われず。3回、大野奨の2号ソロ先制したが、追加点が奪えなかった。

ジャンルで探す