スポーツ

マエケン自身5連勝 パドレス戦で今季11勝目 田沢はホールドをマーク

メジャーリーグは13日(日本時間14日)に各地で行われ、ドジャースの前田はパドレス戦に先発して今季11勝目をマーク。6回途中、5回1/3を投げて4安打4失点(自責3)、さらに8奪三振1四球の内容で7月7日のロイヤルズ戦から自身5連勝を飾った。チームは6―4で勝利。

パドレス戦で今季11勝目を挙げた前田 (AP)

マーリンズの田沢はロッキーズ戦にリリーフ登板して今季7ホールド目をマーク。2点リードの8回から4番手の投手としてマウンドに上がり、1回2安打無失点で救援投手の役目を果たした。チームは5―3で勝利。この試合でイチローの出番はなかった。

ブルージェイズは7―1でパイレーツに勝利。体調不良で静養していた青木はこの日、4日ぶりにチームに合流。試合に出場することはなかったが、室内で打撃練習するなど軽めに汗を流した。

ア・リーグ東地区で首位を争うレッドソックスとヤンキースは11日からニューヨークで3連戦。1勝1敗で迎えたこの日の第3戦は延長戦の末、レッドソックスが3―2で勝利し、カード勝ち越しを決めた。レッドソックスは2―2と同点の10回にベニンテンディが決勝の適時打を放ち、2位ヤンキースとのゲーム差を5・5に広げた。

<13日の日本人選手成績、カッコ内はシーズン成績>

前田:先発して白星、5回1/3、4安打4失点8奪三振1四球(21試合11勝4敗1セーブ、防御率3・76)

田沢:リリーフ登板してホールドをマーク、1回2安打無失点(37試合2勝2敗7ホールド、防御率4・66)