日ハム清宮がフレッシュ球宴本塁打で怪物アピールも1軍ではなぜかプロの壁

フレッシュ球宴で本塁打を放った清宮。やはり怪物なのか?(資料写真・黒田史夫)

日ハムの清宮幸太郎(19)が12日、青森・はるか夢球場で行われたフレッシュオールスターに全イースタンの「3番・指名打者」で出場、第2打席で中日の藤嶋健人(20)からライトへ本塁打を放ち存在感を示した。ただ4打数で2三振するなど課題も露呈。ゲームは3-1で全ウエスタンが勝利したこともあって、スターへの登竜門とされるMVPは逃し優秀選手賞に留まった。清宮は怪物なのか、それとも……。

 “津軽のスタジアム”がどよめきに包まれた。4回。この回の先頭打者、清宮が中日の1軍で1勝している2年目、藤嶋の2球目の117キロのカーブを思い切り引っ張ると、低い弾道を残した打球は、切れることなくライトポール際へと消えていった。笑顔でのダイヤモンド一周。直後のフラッシュインタビューでは、「ずっと(ストレートには)空振りだったので、変化球が来てくれてよかったなあという感じです。(1軍での空振りのこと?)今日も、なかなか合ってなかったのですが、うまく合ってくれた。いってくれ!という感じでした。(目標は)楽しんでやるってこと、一生懸命やるってことで、結果は後からついてくればと思っていたので嬉しいです。たまたまです」と、余裕の受け答えを見せた。

 やはりこういう舞台で期待に応えるのは何かを持っている男なのだろう。

 だが、第1打席は阪神の馬場皐輔(23)のストレートにタイミングを合わせることができず最後はフォークを落とされて三振。6回の第3打席も、中日の昨夏の花咲徳栄の甲子園優勝投手、清水達也(18)に変化球でカウントを整えられ、最後はまた落ちるボールに中途半端なスイングで三振。9回の第4打席も、阪神の3年目の秘密兵器、望月惇志(20)の155キロのストレートに押し込まれてレフトフライに終わった。望月はストレートだけで勝負に来たが力負けしていた。

 現在の1軍成績は、打率.174、1本塁打、2打点と寂しいもの。デビューから7試合連続ヒットの記録を更新、5月9日のオリックス戦ではディクソンから目の覚めるようなプロ初アーチを放っていたが、その後、21打席ヒットが出ずに苦しみ打率.179と低迷して5月28日に登録を抹消された。2軍で15本塁打の量産をして結果を残し7月9日に再昇格したが、2試合ノーヒットのまま再び登録を抹消されている。

 フレッシュ球宴でのMVP獲得経験がある元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏は「まだ19歳ですよ。この舞台でこれだけやれるのは現状として上等でしょう」と清宮の可能性を評価しつつも課題を指摘する。

「2軍と1軍では投手のレベルがまったく違う。過去に2軍でタイトルを獲得しながら1軍では活躍できなかった選手が何人もいました。つまり2軍で打ったからと言って、それで1軍での活躍が保証されるものでもなんでもないんです。清宮は自分の形でスイングできるときは、素晴らしいものを出せます。おそらく2軍では、相手のレベルもあって、そういうバッティングができているのでしょう。前回の1軍では、疲労の蓄積などもあって停滞していたようにも思います。毎日のように試合があるという経験は高校時代にないもの。キャンプ、オープン戦も体調不良で万全にやってきていないまま開幕を迎えたという影響もあったのでしょう」

 独自の野球理論に定評のある里崎氏が、さらにこう続ける。

「バッティングカウントや、自分のタイミングでスイングができるときは、形がいいので、長打にもなりますが、崩されるとタイミングが合わないんです。特に追い込まれてしまうと打席で迷っているのがわかります。まだデータは出ていませんが、相手バッテリーも清宮の打席の動きを見てタイミングの合わないボールで徹底して攻めてくるんです。例えば、5月のソフトバンク戦では、高谷が武田のストレートに合わないと判断してストレートを続けてきた。崩されたときにどう対応するかが課題でしょう」

 5月13日のソフトバンク戦で武田翔太―高谷裕亮のバッテリーは、5回の第2打席は全球ストレートの配球で来た。最後は、真ん中高め、149キロのストレートのボールの下を振って空振りの三振。伸びのある一級品のボールへの対応がまったくできていなかった。7回二死からの第3打席は、初球は大きなカーブで入られて、カウントをひとつ取られると、そこからは、また全球ストレートで勝負されて連続の空振り三振に終わった。スイングの後、左膝が地面についてしまうほどバランスが崩れたのが印象的な打席だった。

 里崎氏の指摘通り、ツーストライクと追い込まれてからの打率は大きく下がる。特に「0-2」「1-2」「2-2」のカウントからは全12本のヒット中、2本しかヒットがない。
 確かにツーストライク後のバッティングは一流のバットマンでも難しい。
  現在、打率.347、20本塁打でパ・リーグのランキング3位につけているソフトバンクの柳田悠岐でさえ、ツーストライク後の打率は.265まで下がる。阪神の金本監督は、キャンプからチーム全体にツーストライクと追い込まれてからの、バッティングの克服を課題として与えているほどで、プロでも、このカウントでの対応は、大きな壁とされている。

 しかし、里崎氏は、「追い込まれてからの対応力、崩されてからの対応力を身につけない限り、この世界でレギュラーにはなれないんです」と断言する。

「タイミングが合ったときの形、フォームはいいんです。大きな欠点は見当たりません。自分の形で打てるボールを増やし、対応力を磨くこと。それには慣れと経験が必要になってきます。基本的にはバッターは受身。相手はタイミングを崩しにかかってきますから」

 

 清宮の素材に疑いはない。

 阪神・掛布雅之オーナー付シニア・ エグゼクティブ・アドバイザーも、清宮のバッティングを「左肘の使い方が柔らかくていい」と絶賛していた。

「バットのヘッドが出る前に、左肘が体の真ん中あたりまで入ってくる。それができるとヘッドがボールに力負けしないし、バットをしならせ、体に巻きつけるような使い方ができる。ボールを90度の角度で広角に捉えることができるので率も残るだろう。今年の成績どうのこうではなく、将来的には3冠も狙える素材だと思う。確かに三振が多いが、まだ1年目で100打席も立っていないのだから今は経験を積む時期だと思う」

 必要なのは経験と慣れ……優勝争いに参加しているベンチが、どう今後の育成方針を考えるかだろう。

 過去に高卒野手のルーキーで1年目に新人王を獲得したのは6人しかいない。中西太氏、豊田泰光氏、張本勲氏、榎本喜八氏、清原和博氏 立浪和義氏の6人だが、清原氏、立浪氏以外は、いずれも1950年代の記録。松井秀喜氏でさえ開幕は2軍で迎えて1軍デビューは5月1日。2試合目にはプロ初アーチも放っているが、その後、厳しいマークに合って6月に一度2軍落ちを味わった。結局、57試合(203打席)で打率.223、11本塁打、27打点が1年目の成績で、イチローでさえ1年目は40試合出場に留まっている。

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

ジャンルで探す