ソフトバンク、早めの継投も効果的=プロ野球・日本シリーズ

6回、2死満塁のピンチを切り抜け、ホッとした表情を見せるソフトバンク3番手の高橋礼=22日、京セラドーム

 ソフトバンクは早めの継投で巨人の反撃を封じた。5点リードの六回。先発の石川が1死一、二塁で丸を迎えたところで、左キラーの嘉弥真を投入。3球で追い込み、最後は外に逃げるスライダーで空振り三振に仕留めた。シーズン中も同様の場面を切り抜けてきた左腕は「久しぶりの登板で少し緊張したが、いい球を投げ込むことができた」。
 続く左の亀井に代打石川がコールされると、高橋礼にスイッチ。代打の代打、田中俊は歩かせたが、中島から空振り三振を奪った。工藤監督は「何とか早め早めに(流れを)切れればと思った。準備を怠らないで、ここまでやってくれたおかげ」。無失点でつないだ救援5投手をねぎらった。 

ジャンルで探す