2冠のソフトバンク石川、さすがの投球=プロ野球・日本シリーズ

力投するソフトバンク先発の石川=22日、京セラドーム

 最多勝と勝率第1位の2冠に輝いたソフトバンクの石川が、さすがの投球をみせた。
 一回に3点の援護を受け、「水を差すわけにはいかない」。その裏は松原、坂本を連続三振に仕留めるなど、簡単に3人で片付けた。二回は4番岡本の3球三振に始まり、たった6球で終えた。味方の攻撃にさらにリズムを与え、「自分らしくテンポを意識して、早い回をしっかり投げられたのが大きかった」と満足げだった。
 六回1死から連打を許して降板したが、2失点と役割を十分に果たした。工藤監督も「日本シリーズで自分の投球をするのはなかなか難しい。よく投げてくれた」と褒めた。 

ジャンルで探す