DeNA梶谷、殊勲の一振り=劣勢はね返す満塁アーチ―プロ野球

7回、DeNAの梶谷が満塁本塁打を放ち逆転=18日、横浜

 七回表を終えて0―5。DeNAの敗色ムードを一変させたのは、梶谷のバットだった。1ボールから内角低めに来た2球目を捉えた打球は右中間席へ逆転の満塁本塁打。「久々にいい感触だった」と喜びに浸った。
 六回まで畠に2安打に抑えられていた打線が七回は一気につながった。先頭ロペスの二塁打から4連打で3点差に迫り、戸柱が四球を選んで塁を埋めた。
 無死満塁で打席には梶谷。変則左腕の高梨とは「初対戦だったので、対戦した人にいろいろ聞いていた。どう攻められるかを考えて打席に入った」。タイミングを合わせて振り抜き、「イメージした形で打てた」と胸を張った。
 一塁コーチの永池内野守備走塁コーチに一塁ベースの踏み忘れを指摘されると、慌てて戻って踏み、その後は晴れやかな表情でダイヤモンドを一周。八回には2打席連発となる2ランで駄目を押した。
 首位巨人の背中は遠く離れているが、「毎日全力を尽くすだけ。あさってからも全力で頑張ります」。力強く誓った。 

ジャンルで探す