苦しむエースが7敗目…西武・髙橋光成に大矢明彦氏「投手としての自覚をもう1回持って投げなきゃいけない」と辛口エール


◆ 「これを乗り越えないと…」

 西武がDeNAに連日の完敗を喫した。この日は未だに勝ち星なく6敗と、今シーズン精彩を欠いているエースの髙橋光成が先発。初回こそ3者凡退で立ち上がるも、2回には山本祐大にホームランを打たれ、3回にも味方の野選も絡み2点を失うと、5回にも度会隆輝にタイムリーを浴び五月雨式に失点。6回に二死1-3塁のピンチを迎えると、ここで渡辺監督代行は交代を決断。このままチームも敗れ、高橋に7つ目の黒星が付いた。

 今季9試合に先発しながらも勝ち星が遠いエースに対し、15日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた大矢明彦氏は「やはり勝ててないっていうのがね。はい。彼のピッチングを重くするんだと思うんですけど」とおもんばかりつつ「 今日はどちらかって言うとやはりコントロールがしっかりされないボールが多かった。 彼のストレートは150キロを超すぐらいのボールを持ってるんで、ストレートをもう少ししっかり投げていく。それともう1つは変化球もコントロールよく、自分がアウトローに放ろうとするんだったら、アウトローをしっかり狙って投げていかないと。どうしても相手のバッターにはじき返されているんで、メリハリのあるピッチングを、自分で心がけていった方がいいと思うんですね」とアドバイスを送った。

 また監督代行もエースの不調に感じており「早く勝ってくれないとチームも乗れない」とコメントしたことに対し「勝ってないから、もう言いたい放題みんな言うでしょうけどね。だけどこれを乗り越えないと本当のエースになれません。これはどっかで自分でしっかりピッチャーとしての自覚をもう1回持って投げなきゃいけないと思います」とエースとしての心構えの見直しを求めた。

 昨年はエースとして二桁勝利、そしてリーグ2位の防御率2.21をマークした右腕。チームのため自分のため、一日も早い復活が求められている。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

ジャンルで探す