ヤクルト、サンタナ逆転打&オスナ7号3ランで3連勝! 真中氏「村上ばっかりに負担がかかるイメージですけど」


◆ 「投手陣の失点を打線で補うのがヤクルト」

 ヤクルトは西武に7-2で勝利し3連勝。交流戦は初のカード勝ち越しとなり、借金を「8」に減らした。

 ヤクルト打線は1点を追う6回、4番・村上宗隆の四球などで二死一・三塁とし、続くドミンゴ・サンタナが中堅フェンス直撃の2点適時打を放ち逆転に成功。なおも二死一・二塁で7番のホセ・オスナが7号3ランを左翼席へ運び5-1とリードを広げた。

 3点リードの8回は、途中出場の武岡龍世が3号2ランを右翼席へ運び7-2。投げては先発の小川泰弘が7回途中2失点と好投し2勝目(2敗)を挙げた。

 5日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』では、8安打7得点と効率よく加点したヤクルト打線の攻撃に注目。番組MCの真中満氏は一挙5点のビッグイニングとなった6回の攻撃について「村上ばっかりに負担がかかるイメージですけど、村上がフォアボールを選ぶことによって、こうやってサンタナやオスナが還す。打線がつながっていい形になる」と分析した。

 解説者の谷沢健一氏は「投手陣に失点は付きもの。それを打線で補うのがヤクルト」とチームの印象を語り、江本孟紀氏は「ここ何年か見ても、この二人(サンタナとオスナ)は貴重な存在」と、ともに来日4年目となる両助っ人の活躍を称えた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

ジャンルで探す