阪神、前川がプロ1号含む3打点も…逆転負けで今季初4連敗、リーグ3位に後退


○ ロッテ 5x - 4 阪神 ●
<1回戦・ZOZOマリン>

 阪神は逆転負けで今季初の4連敗。貯金は3となり、同4の巨人に抜かれセ・リーグ3位に後退した。

 阪神打線は1-3と2点を追う6回、6番・前川がプロ初アーチとなる1号2ランを右中間席へ運び同点。7回も再び前川が、しぶとく右前へ落とす適時打を放ち4-3と試合をひっくり返した。前川は4回の第2打席でも二塁打を放っており、3打数3安打3打点の大暴れ。得点力に苦しむ攻撃陣の中で輝きを放った。

 先発の青柳は9連勝中のロッテ打線に捕まり、4回8安打3失点で降板。それでも5回以降は島本、石井、桐敷、岩崎が1イニングずつゼロを刻んだ。

 しかし1点リードで9回、抑えのゲラが連続四球などで一死満塁のピンチを招き、ロッテの3番・髙部に左犠飛を許し同点。延長10回は7番手の漆原が二死満塁のピンチを招き、2番・小川にサヨナラとなる押し出し四球を与えた。これで阪神は交流戦3連敗スタート。現役ドラフトでオリックスから新加入した漆原は今季2敗目を喫した。

ジャンルで探す