ヌートバー、今季26試合目で初マルチ 3安打2打点の活躍もカージナルス7連敗


○ ブリュワーズ 5 - 3 カージナルス ●
<現地時間5月11日 アメリカンファミリー・フィールド>

 カージナルスのラーズ・ヌートバー外野手(26)が11日(日本時間12日)、敵地でのブリュワーズ戦に「2番・中堅」で先発出場。5打数3安打2打点で今季初のマルチ安打をマークしたが、チームは逆転負けで7連敗となった。

 初回の第1打席は二飛、3回の第2打席は見逃し三振に倒れたものの、1点を追う5回の第3打席に快音。一死満塁でブリュワーズの先発右腕・ペラルタの外角フォーシームを右中間へ弾き返し、これが逆転の2点適時打となった。

 7回の第4打席は2番手左腕・ミルナーから痛烈な中前打を放ち2打席連続安打。これが今季26試合目で初のマルチ安打となった。9回の第5打席は二死無走者で相手守護神・メギルと対戦。追い込まれたあと遊撃への内野安打を放ち今季初の1試合3安打となった。この日は5打数3安打2打点の打撃結果。打率は.198、OPSは.648となった。

 カージナルスは1点リードで終盤を迎えたが、7回裏に3番手のキトリッジが3ランを浴び逆転負け。今季ワーストの連敗は7に伸び、借金は9に膨らんだ。

ジャンルで探す