中日7年目の石岡がプロ初打点 3番起用に応え防御率トップの青柳撃ち!


◆ ウエスタン首位打者で再昇格&即スタメン

 中日の石岡諒太内野手(30)が24日、甲子園での阪神戦に「3番・一塁」で先発出場。3回の第2打席にプロ初打点となる同点適時打を放った。

 プロ入り初めてスタメン3番に入った石岡。1-2と1点を追う3回、二死二塁の好機でセ・リーグ防御率トップの阪神先発・青柳と対峙し、2球目の低めツーシームをコンパクトに逆方向へ弾き返した。三・遊間を突破する左前適時打で二走・岡林が同点の生還。これがうれしいプロ初打点となった。

 石岡は7年目の今季、ここまでウエスタン・リーグ1位の打率.327をマーク。この日今季2度目の一軍昇格を果たし、即スタメン起用の期待に応えた。

ジャンルで探す