田中将大が楽天残留をファンに報告「本当に悔しかった、来季は序盤から」


◆ 防御率3.01も…打線の援護に恵まれず4勝9敗

 楽天の田中将大投手(33)が4日、本拠地・楽天生命パークで行われた「ファン感謝祭2021」で、来季残留をファンに報告した。

 田中将は松井裕樹とともにトークショーに登壇。「来シーズンも楽天イーグルスでプレーすることになりました」と改めて報告すると、ファンから大きな拍手を受けた。

 8年ぶりに古巣復帰を果たした今季は、防御率3.01と安定感は発揮したものの、打線の援護に恵まれない登板が続き4勝9敗と黒星先行。「本当に悔しかったし、こんなに苦しんだシーズンはNPB、MLB両方でプレーしていてもなかった。結果がついてこず、とにかくつらかったし、しんどかった」とシーズン中の心境を明かした。

 それでも「登板を重ねシーズンが進んでいくごとに、状態が上がり、内容が良くなっている感覚がつかめた」と収穫も口に。復帰2年目を見据え「その状態を来季は序盤から出していければいい」と前向きに語った。

ジャンルで探す